手汗を止める方法の悩みにはこの対策

手汗を止める方法の悩みにはこの対策で解決しましょう。
MENU

手汗を止める方法の悩みにはこの対策

手汗が多いので握手することができないなどとなるといささか問題で、
このような場合は何らかの方法を講じる必要がありそうです。
では手汗を止める方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ちなみに医学的には手汗は3つのレベルに分けられます。
手のひらが汗で湿っている程度ならレベル1で、それほど気にしなくてもいいでしょう。
ただし手のひらに汗が溜まるとなるとレベル2で、これは何らかの手を講じる必要があり、
さらに手汗が垂れてくるレベル3になると重度です。

 

レベル1の手汗は気にしないのが第一

誰でも何らかの理由で緊張や興奮をすると手汗が出ますが、これは精神性発汗です。
すなわち自然現象なので一過性ですから気持ちが落ち着けば自然に汗は止まります。
この場合は何もする必要はなく、強いて言えば腹式呼吸で気持ちを落ち着かせます。

 

レベル2の手汗は皮膚科で治療する

皮膚科での手汗を止める方法のひとつは塩化アルミニウム外用制汗剤です。
すなわち汗を出す汗腺を塩化アルミニウム水溶液で塞ぐのですが、
方法はこの薬を寝る前に手のひらに塗るだけです。

 

治療費は安くて自宅で簡単にできますから、まずはこの理療で手汗を止めましょう。
この際に手袋をする方法もありますが、薬が強すぎると皮膚炎を起こすかもしれません。

 

レベル2の手汗を電流で止める

イオントフォレーシスという方法が皮膚科にあります。
この方法は弱い電流を応用しますが、方法は水の中に弱い電気を流して
手のひらを水に入れて電流ショックで汗腺を刺激します。
ただし1回ではなく定期的に通院する必要があります。

 

レベル3の手汗を止めるのはボツリヌス注射

この注射での治療方法は最終的なもので、手のひらにボツリヌス菌を注射して
神経を遮断して手汗を止めます。
なお1回では手汗は治りませんから、6か月ごとに注射をします。

 

手汗抑制に向けた食事改善法は?

完全にブロックできるわけではありませんが、
食習慣を見直せばある程度手汗が軽減される可能性が高いです。

 

避けるべき食べ物

・香辛料が過剰な食品
・熱い食品
・辛い食品

 

以上の食品は、汗の分量を増やす作用があるので可能な限り避けましょう。
カレー、キムチ類などですね。辛いスナック菓子などもお勧めできません。

 

コーヒーやチョコ類にも注意しましょう。
カフェインは人体を刺激するのです。

 

またスープやみそ汁などは、少し冷ましてから飲むようにして、
熱々の状態は避けましょう。

 

そして手汗で悩んでいる方の中には、
脂肪分の多いバターや肉類を良く食べている人が多いようです。

 

身体を妙に温めてしまうこのような食べ物は、汗の分量を増やしますので、
多汗症を引き起こしてしまう場合があります。

 

摂るべき食べ物

イソフラボンには手汗をブロックする力があります。
大豆等に入っていますよね。

 

現状、手汗の起因は明確には突き止められていないのですが、
ホルモンバランスの乱れやストレスは、まず間違いなく関係しているようです。
これらの起因を取り除けば、手汗の悩みが消えるかもしれませんね。

 

ただ、食習慣を見直しても、すぐに手汗に効くわけではありません。
長期間食べ続けて初めて効いてくるものだと考えておいてください。

 

それに、連日大豆だけを摂り続けるわけにもいきません。
栄養バランスが悪くなっては本末転倒ですから
「少なくとも1日1品大豆系の食べ物を食べる」という程度を目安にしましょう。

 

そして、たまには肉類等を食べたくなる場合もあるはずです。
100パーセント避けなければいけないというわけではないので、
食べ過ぎに気を付けて楽しみましょう。
「辛い味付けはしない」等の工夫をすると良いでしょう。
手汗 止める

更新履歴
このページの先頭へ